FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'07.06 (Mon)

リアル

はいこんにちわ。

すっかり暑くなってきまして、もう本場の夏に近づきつつありますね。


夏といえば、花火にスイカ、風鈴の音色に夏休み。実家に帰られる方もいるでしょう。



そして忘れてはいけないのは



そう


怖い話ですね


今日は周りより少し早いですが、私が実際体験した本当の怖い話をお届けします。

でも、今回は怖い話ではないかなw

※この話は管理人(インヴォーカー)がリアルに体験したことです。











私には幼稚園時代からずっと仲のいい友達がいたんです。ですが、小学生3年生の時にです

ね、親の仕事の都合ということで引っ越したんです。お別れ会の時は私が一番仲がよかった

ので、手紙を読んだりして・・・。なごりおしいですが、また遊ぼうと約束して引っ越されました。

それから4年後ですね。中学2年生の時に、別の友人から彼が亡くなった事を聞きました。

理由は火事でした。親や弟さんは助かったそうですが、彼だけ亡くなったと聞きました。

それから彼が亡くなった命日の日は不思議な事が起きました。

彼が亡くなったのは梅雨時季だったのですが、私は命日の日だけ異常に体が熱くなったり、

小学生の時は頻繁に出てた持病の喘息も中学になると滅多に出なかったんですが、その日

になると必ず出て、呼吸困難になったり。ふと何かが焦げる臭いを感じた時もありました。

直感的に彼が私に何かしているのだろうと思っていましたが、中学、高校とお参りするお金も

時間もなく、いけませんでした。

そして、私が仕事を始めて、お金を少し貯め、休みをもらいお参りに行くことにしました。

小学校の先生にもらった転校先の学校に行き、住所を聞いてそこへ向かいました。

今はただの空き地になっていましたが、今でもそこには花が置かれていました。

私は花を持ってきていませんでしたが、彼と小学生の時よく食べたベビースターラーメンを置いて

お参りして帰りました。

それから命日の日に体が熱くなったりすることはなくなりました。

彼はずっと私にお参りに来てほしかったんだと思います。俺の事忘れないでくれって思って

命日の日に私に告げていたんだと思います。












忘れないよ。ずっと。今はまだそっちにいくことできないけど


また一緒にベビースターラーメン食べて、昔みたいに遊ぼうな
スポンサーサイト
09:29  |  リアル  |  CM(1)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

彼はインさんにメッセージ送っていたのでしょうね

時間見つけて、会いに行ってあげてください
休止中のアチャ | 2009年07月06日(月) 10:03 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。