FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'07.08 (Wed)

リアル


はいこんにちわ。

今回も記事だけになってしまいます。申し訳ないです。



さて



今日こそ怖い話を一つ。

これで少しは涼んでもらえれば幸いです。
(RSの事書けよ!ってツッコミは無しでお願いします・・・w)

今回も私が直接体験した話です。










悲しみの瞳






昔の話なんですが。といっても小学生くらいの頃くらいです。うちの近所には小さな川があるんですが

いっつもそこにいる女の人がいたんですね。ぶっちゃけていうと綺麗な人でした。今でも顔はハッキリと覚えています。ちょっと長めの黒い髪でしたね。あ、ちなみに季節は6月でした。

その人はずっと川を眺めているんです。ここまでは普通の話ですよね。彼氏にでも振られた人なんだろう

っていう感じの・・・。でも、変なのは友達に聞いてもいないって言うんですよ。

誰に聞いても見たことない、幽霊じゃないの?って言われるだけでした。

それから私も怖くなりまして、なるべく見ないようにしてたんですが、その道は帰り道なんですよ。

だからどうしても視界に入るんです。でも、幽霊って思わないほどハッキリ見えてて・・・

毎日着てくる服も変わっていたんです。でもやっぱり気になって話しかけてみたんです。

今思うと小学生の私だったからできたことだと思います(笑)

「あの」って話かけたらその人は言ったんです。「ここに・・・」って。

何を言っても同じことしか言わなかったんです。会話にならないので私は家に帰ったんです。

それから何日か経ってまた話しかけてみたんです。でもやっぱり返ってくる言葉は同じで・・・

その時気づいたのは女の人の目なんですよ。すごい悲しい目をしてたんです。

それで、ここに何かあるのかって思った私は視線の先を見たんですが・・・やっぱり川でした。

川の中になにかあるのかって思った私は夕方の6時すぎくらいでしょうか・・・。

川に入って手探りで探したんです。そしたらですね・・・












そ こ に は




















汚れたネックレスがあったんです。














それを女の人に返すと、女の人は大声でいったんです。





















 「○○○○(←恐らく彼氏さんの名前)のバカーーーーー!!!!」 







・・・






ただ単に別れたカップルの女性だったみたいです。女の人はそれから猛ダッシュして走り去って行きました。それ以来女の人は見なくなったんですが・・・















でも・・・一緒に帰ってた友達は見てないなんて・・・。














幽霊だったんでしょうかね・・・。
スポンサーサイト
18:50  |  リアル  |  CM(3)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2012年04月29日(日) 04:05 |  | コメント編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2012年05月12日(土) 03:55 |  | コメント編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 | 2012年06月04日(月) 05:36 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。